【おうちレシピ:チーズナン】フライパンでできる簡単手作りチーズナン!

居酒屋ぽぶお
スポンサーリンク

どーもこんにちは!
趣味は週末のおうちごはん!ぽぶおです。

今回はフライパンで超簡単にできる
『手作りチーズナン』の作り方をお伝えしますっ!!

おうち時間が長くなるこのご時世。

お取り寄せやUbereatsもいいですが、

せっかくなら普段作らないものを手作りしてみるってのも楽しいですよ^^

ささ!それでは早速いってみましょう!!

自家製チーズナンの作り方①:材料

まず、用意する材料がこちら。

【材料:2人分】
◯強力粉:150g
◯ぬるま湯:125cc
◯ドライイースト:2g
◯砂糖:2g
◯塩:3g
◯チーズ:好きなだけ
◯バター(オリーブオイルでも可):10g

これだけ!シンプルでしょう?

実際買って揃えないといけないのは、強力粉・イースト・チーズくらいじゃないですかね?

最後のバターはなければ、マーガリンやオリーブオイル、最終的にはサラダ油でも大丈夫です。(ごま油はやめときましょう。)

でもバターの方が絶対美味しいんで!
できればバターをご用意ください!

自家製チーズナンの作り方②:混ぜる→発酵

では、手順を説明していきます。

①まずは計量して「バター・チーズ以外」の材料を準備します。

容器は材料が全部入ればボウルでもタッパーでも大丈夫です。
ただ、発酵の工程があるのでなるべく大きめの容器にしましょう。

②ぬるま湯に「イースト・砂糖・塩」を溶かします。

※本当は先に「ドライイースト・砂糖」、後から「塩・強力粉」の順番らしいです。
でもめんどくさいんで一緒にぶち込みました。大丈夫。食べるのは自分。

③続いて強力粉をぶちこみます。

④粉っぽさがなくなるまで混ぜます。

こんな感じ。

※最初の方、勢いよく混ぜると粉が「バフっっっっ」てなるので優しくまぜまぜすることをオススメします。

⑤発酵させます(冷蔵庫で一晩寝かす)

④までできたら、ラップ(もしくはフタ)をして発酵させます。

とりあえず冷蔵庫で一晩(10時間くらい)ってことにしておきますが、

「なげーよ!待てねーよ!」

というせっかちさんは、室温で30分〜1時間くらいおいておけば大丈夫です。知らんけど。
※今度検証してみます。

自家製チーズナンの作り方③:成形する

発酵が終わった生地がこちら!







(あれ?ふくらんで・・・ない??)







うん。そんなこともあります。
大丈夫。食べるのは自分。


※本当はここで生地が1.5倍くらいに膨らみます。
※今回は使っているドライイーストがけっこう古いので発酵力が弱まっております。(詳しくはおまけで。)

①混ぜます(ガス抜き)

(本来であれば)発酵によりガスが溜まっているので、一度混ぜてガス抜きします。

②生地(半量)を伸ばします。

まずは台にしっかり打ち粉をしまして。
※強力粉をぶちまけます。これちゃんとしとかないと生地と台がくっついて後が大変です。

生地の半分を乗せまして。
※生地にもしっかり打ち粉をします。

丸く伸ばします。

※色々試しましたが、スプーン裏面でべしべしやって伸ばすのがオススメ。
手や綿棒で伸ばしてもいいですが、手汚れるし生地くっつくしイライラするので個人的には嫌いです。

③大きめのフライパンに移します。

※今回は28cmのフライパンを使っています。

※移すときにスケッパーや固めのヘラがあると便利です。ダイソーで買えます。

※「別にチーズナンじゃなくてもいいんだけど・・・」という方は、この状態で焼けば美味しいプレーンナンの完成です。

④もう半分の生地も伸ばします。

※生地を伸ばしている台ですが、なければ大きめのまな板で大丈夫です。なんなら一枚目はそのままフライパンで伸ばしても大丈夫です。

⑤好きなだけチーズを盛ります。

夢の分だけチーズを盛りましょう。
でっかい夢を持っている人ほどたくさんのチーズを盛ることができます。

逆にチーズをたくさん盛ることができる人は、でっかい夢を持っているということです。

原価?気にしなくて大丈夫です。

お店なら気になるトッピング料金を気にしなくていいのがおうちごはんの醍醐味です。

※あ、ここでチーズに塩を軽く振っておきましょう。

⑥もう半分の生地を被せます。

チーズが顔を出さないようにしっかり覆いましょう。

【ポイント①】
被せた後、しっかり空気を抜きましょう。

ここでしっかり空気を抜いておかないと焼いてからこうなります。

(はい。そうです。ミスりました。ごめんなさい。でも大丈夫。食べるのは自分)

【ポイント②】
フチをしっかり閉じましょう。

スキマができないよう、丁寧にフチを閉じましょう。
ここでちゃんと閉じられていないと、後でこうなります。

(ダダ漏れしました。でもこれはこれでカリッとして美味しい。)

自家製チーズナンの作り方④:フライパンで焼く

さて、もうオチは見えていますがここまで来たらあとは焼くだけです。

①強火で20秒→フタして中火で5分

まず「強火で20秒」
その後、「中火でフタをして5分」焼きます。
※油はいりません。








5分後

ぱんちくりんですね。

②裏返す→フタして中火で3分

裏返してみたら焼き色はいい感じでした。
※ここでも油は不要です。

またフタをして中火で3分焼いていきます。







3分後

大洪水ですね。

※チーズが漏れ出ると音が変わります。黒焦げになると流石においしくないので、時間にとらわれず臨機応変に対応しましょう。

③バターを溶かして馴染ませる

※今回はバターを切らしていたのでオリーブオイルです。

フライパンにバター(オリーブオイル)を入れ、揺すってナンに馴染ませます。

ひっくり返して同じように。
※ほら、流れ出たチーズがいい感じでしょう?(強がり)

そんなわけで

完成!

あれだけミスしても出来上がりはいい感じの雰囲気になりました。

ゴリ押しでナンとかなるのがナンのいいところですね。

ごめんなさい。

好みの大きさにカットすれば完成です。
熱いので気をつけてくださいね。

中のチーズがとろっと溶けて最高ですよ!

ほら!

(チーズ、ぜんぶ流れ出てもうとる・・・)

ゴホンゴホン

ほら!

※これもちゃんと自分で作ったやつだから許して。
※仕上げにパセリを振るとそれっぽくなるよ。

最後はビールで優勝しましょう。

どうでしょう?
作ってみる気になれたかな?

ぜひビールと一緒に優勝しちゃってください!
最高!

おまけ:ドライイースト買いすぎ注意

ひとつだけみなさんに忠告です。

ドライイーストの買いすぎには注意しましょう。

ぽぶおは軽い気持ちで買ってきたら、
まさかの「50g」入りを買ってしまいまして・・・

2人分で2gしか使わないのに・・・

もう買ってから2ヶ月経ってるんですけど、
まだ10枚分くらい残ってるんですよねぇ・・・

古くなって発酵力も弱まってきてるし・・・

他にもいろんなパンを焼いてみようと思います。

それでは、今回はこの辺で!!

ぽぶお
ぽぶお

Twitter(@pobuoblog)とInstagram(@pobuoblog)で毎週作った料理をアップしてるので、「これ!作り方知りたい!」ってやつがあったらコメントで教えてください^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました