バイト先に取り残される。

ぽぶお日記
スポンサーリンク

どーもこんにちは。

過去の栄光にすがりたくても、すがりつく栄光がない残念なアラサー会社員「ぽぶお」です。

毎日頑張って生きています。

今日は少し昔話をしよーかなと思います。

そう。

タイトルにもあるように、

バイト先で
突然一人ぼっち

という、なんとも侘しい思い出の話。

バーで働く大学生

ぽぶお22歳・大学4年生の12月、

当時、東京神田のビアバーでバイトをしていた。


バーで働く大学生


なんともステキな肩書である。


この言葉だけ見れば、

明るい茶髪を盛大に遊ばせ、
白シャツに黒ベスト、
タイトな黒パンツに
ツヤのある革靴を身にまとった、



笑顔がステキな
爽やかイケメン


を想像した方も多いのではないだろうか。



しかしながら、実際には


ほぼ坊主頭な短髪に、よれよれのセーターとジーパン、履き古したスニーカーという



ぽっちゃり系ブ男



がこの文章を書いていることを
あらかじめご了承いただきたい。


爽やかなイメージを膨らませていた
皆様には申し訳ないが、
一言だけ言わせていただこう。










世の中、
そんなに
甘くないのである。










話を戻そう。


前述のビアバーでのバイトは諸事情により、


12月から3月までの4カ月間限定のバイトだった。

しかも基本シフトは週一。

単純計算で一月4週×4ヶ月だとしたら

16回しか勤務しないという・・・


もはや

「バイト」と言うよりも
「お手伝い」と言ったほうが
正しいかもしれない。


ビアバーのお手伝いをするベリーショートヘアーのぽっちゃり系ブ男



もう1ミリも爽やかさを感じられない。


そんなわけで、
この爽やかさの欠片もないぽっちゃり系ブ男は週一ペースでお手伝いをしていた。


そろそろフルネームを書くのが大変なので、

ここからは可愛らしく

「ぽぶお」

とさせていただこう。

ぽぶお史上初『圧倒的“ぽつん”』

お手伝いを始めて2ヶ月、
勤務回数も10回を越えようかというころ。

ぽぶおはいつものように出勤した。

元々、席数も20ちょっとでマスターが1人で経営をする小さなお店。

基本的にはマスター+ぽぶおの2人体制で営業をしている。


言い忘れていたがぽぶおは
『ホール&キッチンスタッフ』だ。


割合でいうと

キッチン9割ホール1割くらい。



要するに
接客はあまりしない。



マスターからは

「お客さんにはもっと大きい声で挨拶して!」

と常々言われていた。


そうなんです。


ぽぶおは人見知りなんです。

人見知りな
ぽっちゃり系ぶ男
なんです。







文章でみると
残念極まりない。


そこはまあ置いておいて。

出勤したらまずはトイレ掃除をして、キッチン周りを整頓するまでが出勤後のルーティーン。

だいたいいつもこの後に買い出しを頼まれる。


案の定、マスターから呼ばれるぽぶお


今日は何を買ってくればいいのかなーとか思いながらマスターのところへ向かう


ところが


この日は違った





マスター
マスター

ちょっとこれから出かけるんで。

その間、
お店よろしくね。

ぽぶお
ぽぶお

え?????



オミセ?



ヨロシクネ





?????

あまりに急な宣告に
頭の中で「?」が踊り狂った

『ちょっと何言ってるかわかんないっすね』

というサンドウィッチマン・富澤状態である。

マスター
マスター

すぐ近くで仕事の話があってさ。

なんかあったら電話して!じゃ!

歓喜に沸く「?」を残し、
マスターは本当に行ってしまった。













「ぽつん」











ぽぶおはこれまでの人生22年間で

この時ほど

「ぽつん」

という表現が似合う状況に
遭遇したことはなかった。

ぽぶお史上初

最強最大の

「ぽつん」である。

一人店に取り残され、
途方にくれるぽぶお

そして気づく





え?
お客さん来たら
接客しなきゃいけないじゃん。







そう。

何を隠そう、
こちらは「人見知りなぽぶお」なのだ。



知らない人と誰もいない狭い店内で2人っきりなんてもはや鬼の苦行なのだ。




ましてや、一人で接客など
もっとも避けたい場面である。

(なんてマインドがミジンコな飲食店スタッフなのだろう。自分で書いていてかわいそうになってきた。)

知らないおっさんが現れた

そんなことを考えていたら
そわそわしてきた。

いてもたってもいられず

とりあえず、ぽぶおは掃除をすることにした。

食器、
冷蔵庫、
調理場、


気づいたところを無心で綺麗にした

接客の恐怖を掻き消すように
ぽぶおは手を動かした。



一人ぼっちになってから
2時間



閑散期ということもあり
お客さんは来なかった。


お店としてはどうかと思うが
ぽぶおとしては一安心である。


そろそろマスターも帰ってくる頃かなと思っていたその瞬間

(ガラガラっ)

店のドアが開く。

やっと帰ってきてくれたかマスターよ。

なんてドキドキする時間をプレゼントしてくれたんだこのやろう。

とか思いながらキッチンを出ると、







入り口に知らないおっさんが立っていた

まちがえた

入り口にはお客様が立っていた

もっとも恐れていた事態である。

あー、なんてことだ。あとちょっとだったはずなのに。

しかし、こうなっては覚悟を決めるしかない。


⤴︎ッシャイマセー

と声を裏返しながら不思議なイントネーションで元気よく挨拶をかまし、

決死の覚悟で
おっさ、お客さんをカウンター席に座らせ、

仏も顔負けの仏頂面でおしぼりを渡した。

そして、ぽぶおは気づく。





あれ?そーいえば





お酒の作り方
習ってないじゃん

神龍(シェンロン)?いいや、烏龍(ウーロン)さ。

絶対絶命である。

圧倒的ピンチである。



ビアバーでお酒が作れない人見知りなぽぶお



彼の存在価値を教えて欲しい。


早く戻ってこいマスター
早く戻ってこいマスター
早く戻ってこいマスター


きっと今流れ星が流れたなら
消える前にこの願いを唱え切れるはずだ。


そしてお客さんが口を開く。

ファーストドリンクオーダーである。

ぽぶおはさながら
判決を言い渡される囚人のような気分で注文に耳を澄ませた。





『ウーロン茶ちょーだい』





ありがとう!!!

なんかもう

ありがとう!!!

それなら流石に

作れるわ!!!

作れるというか

入れられるわ!!!


きっと頑張って掃除したのを神様がみいててくれたのだ

ボールは7個集めてないけど、たまたま神龍が通りすがって助けてくれたのかな?

いやいや、これは神龍じゃなくで烏龍のおかげさっ♪

やっべーうまいこと考えちゃったよ♪

などと緊張から解放された安堵感で意味不明なことを考えながら、

グラスに氷とウーロン茶を入れ提供した頃

(ガラッ)

「ただいまー、あ、いらっしゃいませ」



ついにマスターが帰還。

本当に「ちょっと」とか行って、

2時間以上帰ってこないとか勘弁してほしいところである。

とはいえ、

こうしてぽぶおの孤独な戦いは終わりを告げた。

きっとこの時の孤独感は生涯心に残り続けることだろう。

ちなみにその日の帰り道、

全身全霊の感謝を込めて

2Lのウーロン茶を買って帰ったのは

ここだけの話である。

ぽぶお
ぽぶお

どうでした?
なんの学びもないけれど、少しでもクスッとしてもらえたら嬉しいです。

感想やあなたの体験談とかあればぜひ教えてください♪

▼こういう記事が好きな方はこちらもぜひ▼
ぽぶお、ママチャリで大阪へ行く!
「ぽぶお」は、やせたら「ぽぶお」でなくなってしまうのか?
見てくれよ。この元気なエンジン。

コメント

タイトルとURLをコピーしました